青鉄の歴史

初代青い鉄道同盟は常磐ATOS(青海)・おーたむ・けーとれ(8918)が発起人となり

2014.6.20に世に送り出した鉄道ブロググループです。

 

初代ロゴは青い線路を走る電車とカラフルな文字で構成された物(画像1)でした。

この時代の青鉄を知ってる人は少ないと思われます…

 

またマナーを守る会との提携で「正統派鉄道ファングループ」としての立ち位置を強固にしました。

▲画像1:青鉄初代ロゴ、マナーを守る会がロゴデザインを踏襲している

結成からしばらくするとRailRecordやShareRail(いずれも現存)など「便利な鉄道サイト」の

立ち上げに力を入れます。


特にRailRecordは30秒程度で読めてしまうニュース記事をまとめたサイトで、記事によっては

1日500アクセスを突破するものも。小さなサイトでも侮れません(現在のβ版)

▲画像2:RailRecordのサムネイル、現在は会員だけが更新出来るα版とTwitterアカウントだけで一般の人も更新出来るβ版が存在する

☆青い鉄道同盟 2代目ロゴ

2014.8頃にロゴマークを刷新。AとSの根本が伸びる事でメンバー同士の連携を表した一作。

 

この頃の会員数は20人を突破しており、鉄道ブロググループとして最大規模となっていました。

▲画像3:二代目青鉄ロゴ AOTETSUの文字一つ一つに意味が込められている